2000万円問題とは?

金融庁「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」の中で老後の人生を 30年と仮定した場合、貯蓄を約2000万円取り崩す必要があるという試算を 出したことから、年金制度への不安や批判が拡大して話題となった老後の資金 に関する問題。

金融庁の金融審議会では、今後この報告書について議題に出さないことが 決まり事実上“撤回”されたが、ホームページ上では引き続き公開されており、 またこの問題をきっかけに個人で投資や資産運用をはじめる動きが活発化している。


▼金融庁 金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/
tosin/20190603/01.pdf

  • 2000万円問題を切り口とした年代別の投資手法
  • 8人のプロフェッショナルが教える8つの投資手法
  •  
  • 抽象的な考え方だけではなく、具体的な投資手法にまで入り込む 前代未聞の講義内容
  • [30代、40代、50代、60代の年代別に解説!]
    自分の現在の年齢にあった投資手法を見つけよう!

申し込み受付開始まであと13日18時間56分

講座開設準備中

新講座の情報は、
下記メールマガジンで今後お届けします!


【株式・資産形成実践講座LINEアカウントはじめました!】

講座に関する情報をいち早く皆様にお知らせいたします! ぜひ、ご登録ください!友だち追加